Fandom


ジョディー・ホームズ
Beyond-two-souls
ジョディー・ホームズ

性別:

年齢:

8歳 - 23歳

本性:

人間

能力:

エイデンと会話することができる。

演技:

エレン・ペイジ

声:

白石涼子

キャラクター情報編集

ジョディー・ホームズビヨンドツーソウルの主人公である。エレン・ペイジによって演じられた。ゲームの中で8歳から23歳までの15年間が描かれている。プレイヤーはジョディーを通して来世について、そしてジョディーが会話することができるエイデンの本当の意味を発見する。

ジョディーについて編集

ジョディー・ホームズは生まれたときから霊体と会話をすることができる不思議な能力を持った女の子であった。気づいたときにはエイデンという名の霊体が常にジョディーの側にいた。ジョディーが幼少の頃はそのことが悪夢となり彼女を脅かし不安にさせていた。

そんな様子を見ていた彼女の両親は心配していた。また彼女が8歳の時、エイデンによって近所の子供を傷つけてしまう。そのことがありジョディーの両親は彼女を家族から離そうと政府に属する学者ネイサン・ドーキンス研究所に連れていく。ネイサンはジョディーの能力を研究しつつも父親のように接する。

ジョディーはネイサンの目の届くところに置かれ、8歳児の女の子が好むような部屋に入れられたが、部屋はCCTVカメラが供え付けており、壁はダブルスライドミラー、研究者は彼女を常に観察できるような環境になっている。ジョディーは何度か異なったテストに呼ばれており、そこで エイデンと共に物を動かすことができるかというテストを受けている。そこで エイデンの暴走により、いくつかの物を破壊したりした。

ジョディーが17歳になったとき、外の世界が見たい、他の子供と一緒に遊びたいと自由を求めるようになった。だが、

いくつかのテストがうまくいった後、CIAはジョディーに興味を示す。そして彼女をトップシークレットエージェントにさせる為にマーシャルアーツのスキルと武器の操縦を訓練させた。ジョディーの訓練はインストラクターを驚かせ、お互いに好意をよせるようになり、やがて交際するようになった。

ジョディーは武装し、武器を持ちエイデンと一緒に割り当てられた軍事任務にでる。

ジョディーが任務から戻ってきたときに不幸がジョディーを襲う。恋人からの裏切り行為によってCIAから指名手配されることになってしまう。

ジョディーがCIAの手中から逃げる際、彼女の父親代わりであり友人でもあったネイサンと離れてしまうことになった。生き抜くために必死に闘いジョディーとそしてエイデンの旅が始まった。

Gallery編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。